【続】配当金生活を目指すあなたが保有すべき米国ETFは、【VYM】ではなく、【QYLD】である理由2

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
人気ブログランキング

米国株

先日、下記の記事をあげました

配当金生活を目指すあなたが保有すべき米国ETFは、【VYM】ではなく、【QYLD】である理由

リベ大の両学長や、もみあげさんなど、有名米国株投資家は、

【VYM】【HDV】【PFF】(利回り重視なら【SPYD】も有り)などを薦めています。

「主張が違うよ?」

そう言われるかもしれません。

「無名の言うことは本当なの?」

と疑問に思う人も多いかもしれません。

私なりに、理由を更に深堀りするので、もし納得いった方は、方針変換して下さい

1.実質インデックス投資である

【QYLD】は、NASDAQ100に投資しているのです。

ファンド目的

NASDAQ100インデックスに連動する投資成果を目指します。

と記述があります。

NASDAQ100連動の米国上場ETF【QQQ】と同じなのです。

違うのは、

上昇利回りを配当金として、分配している点です。

単純に、【QQQ】の配当版と思ってもらって間違いないです。

構成銘柄も、NASDAQ100と同じです

めっちゃいいじゃん!

高配当ETFの弱点って、組入銘柄に

景気悪化に弱い銘柄や、

利回り良くても業績が良くない銘柄が、含まれている事ですよね。

高配当ETFは、インデックス投資ほど、安心して長期保有できないんですよ。

その点、【QYLD】はインデックス投資なので、安心なのです。

おまけで、設定日(2013/12/11)以来の【QQQ】と【QYLD】のチャートを見ます

QQQ 2013/12/11以来 235.43% 上昇

QYLD 2013/12/11以来 -14.60% 下落

配当利回りを加味しても、約11% × 7年 = 77% なので、

実質利回り QYLD = 62.4%

配当金として分配する分は、複利の力が利かなくなっています。

これは、しょうがない

配当金を再投資していれば、結果は違うでしょうね。

配当金生活を目指すなら、資産価値を気にしている人は少ないと思います。

そこは考えなくていいでしょう

2.毎月分配型

毎月末の配当金支払いなので、

資金管理がしやすいですね。

米国株の高配当ETFは、

だいたい3ヶ月に1度の配当分配です。

配当金生活を始めたとして、

毎月給料をもらって生活していたあなたが、

3カ月の間、しっかり資金管理できるでしょうか?

3か月経つ前に、配当金が底を尽きそうになり、

貯蓄に手を出す可能性は有ります

資金管理は、簡単ではないからこそ、現実にお金に困る人が多いのです。

会社員時代は、毎月末に給料を頂き、それをうまく資金繰りしています。

同様に、毎月末に配当金が振込まれれば、今まで通りに資金管理がしやすいのです。

その点、【QYLD】は毎月分配なので、資金管理しやすさでも、ズバ抜けているのです。

3.高配当ETFの中で、実質利回りが1番高い

有名米国株投資家のおすすめ高配当ETFの実質利回りと比べます

実質利回りでみると【QYLD】の勝利なのです。

【VYM】= 35.01% + 3.5%配当/年 × 7年 =59.51%

そのうち、配当金として支払われるのは、

3.5%配当/年 × 7年 = 24.5% なのです。

配当金生活をしたい人にとって、

資産価値上昇よりも、

毎月、配当金が多く分配されることの方が大事です

その点、配当金生活をするなら【QYLD】が向いているのです。

まとめ

以上、まとめますと、

1.実質インデックス投資である

2.毎月分配型

3.高配当ETFの中で、実質利回りが1番高い

配当金生活を目指すあなたが保有すべき米国ETFが、

【VYM】ではなく、【QYLD】である理由を理解いただけましたでしょうか?

将来、配当金生活を目指しているなら、

【QYLD】です。

参考にしていただければ幸いです。

資産運用で幸せをつかもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました