配当金生活を目指すあなたが保有すべき米国ETFは、【VYM】ではなく、【QYLD】である理由

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
人気ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
人気ブログランキング

米国株

配当金生活の憧れ

最近では、三菱サラリーマンさんの著書が有名になり、

配当金生活への憧れが大きくなっていることでしょう。

三菱サラリーマンさんは、

下記のような高配当ETFに投資することで配当金生活を実現しています。

【VYM】

【SPYD】

【PFF】

【HDV】

多くの米国株ブロガー・Youtuberは、

「三菱サラリーマンさんの手法は再現性があるのか?」

ということを検証しています。

結論は、「再現性はない」とされています。

僕は一言申したい。

僕は提言したい。

「一番、配当金生活が実現ができそうな銘柄は何なのか?」

このことを検討して提案するのも、米国株ブロガー・Youtuberの役目です。

あなたから

「配当金生活を目指したい。どの銘柄買ったらいい?」

と聞かれたのであれば、

【QYLD】

と答えるでしょう。

【VYM】ではないのです。

この【QYLD】であれば、来月からでも配当金生活を実現できるのです。

では、次に理由を3つ挙げます。

理由1 配当金の年利回り10%超え

10/10現在で、配当利回りは11.8890%

つまり、月利回り1%程度です。

1000万円あれば、3%の10万円程の配当が証券口座に振り込まれます。

月10万円配当が出たとして、

贅沢しなければ、生活には不自由しないでしょう。

理由2 毎月分配型

毎月末に配当を支払ってくれます。

リベ大のYoutubeチャンネルでも、

「投資信託の毎月分配型は、避けましょう」と仰っています

この【QYLD】はその分類とは全く違います。

次の理由からも、怪しくないことが分ります

理由3 NASDAQ100に準拠する指数

NASDAQ100の上昇分を配当として配分しているETFです。

NASDAQ100がなくならない限り、配当は継続する。

まとめ

もう少し詳しい説明は、次回にします。

まずは、配当金生活を送るための知識として知ってもらいたいです。

理由1 配当金の年利回り10%超え

理由2 毎月分配型

理由3 NASDAQ100に準拠する指数

資産運用で幸せをつかもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました